古代豪族・和爾(わに)氏と宿場町・櫟本(いちのもと)を巡る路 【約13km】

シェア

シェアする

櫟本は古墳時代の有力な豪族である「和爾」氏が居住していた地で、一族とされる在原業平や柿本人麻呂などにゆかりのある土地です。
また、古くから交通の要衝で、大和高原や奈良、斑鳩、そして桜井、飛鳥とを結ぶ土地としても栄えてきました。
ここには古墳や神社・古代寺院跡など、歴史を秘めたポイントがたくさんあります。

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード