トップページ > 天理市イベント情報

天理市イベント情報

「社寺の伝統行事」から「街おこしイベント」まで。天理市で行われている観光できる催しを紹介します。訪れるエリアから、旅行の日付から、興味のジャンルから。スタイルにあわせて検索してね。お目当てのイベントを見つけたら、忘れないように「このページをスマートフォンへ送る」で自分のスマホへ送信!

▼日付で探す


曜日

▼ジャンルで探す

カテゴリ:


フリーワード:

1 1件~7件(全7件)

2017/01/01(日)

石上神宮 神火祭・新春初太鼓・歳旦祭

→詳細・お申込みはこちらより

<神火祭・新春初太鼓> 午前0時とともに氏子崇敬者により、新しい年の初めを告げる大太鼓が打ち鳴らされます。 拝殿より鑽(き)り出した斎火(いみび)により参道に設けられた大篝火に点火されます。 この大篝火は1月5日夕刻まで、5日間燃え続けます。 <歳旦祭> 午前5時 新春を言祝(ことほ)ぎ、皇室国家の安泰と世界の平和、氏子・崇敬者の家内安全、家業の繁栄が祈られます。

  • [予約受付]
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

2017/01/01(日)

大和神社 元旦祭

→詳細・お申込みはこちらより

<歳旦祭>   午前2時30分から。   皇室の繁栄と、氏子・崇敬者の隆昌を祈念します。 <御神楽祭> 午後2時から。  地元氏子の方々による新年初神楽。

  • [予約受付]
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

2017/01/04(水)

大和神社 御弓はじめ祭

→詳細・お申込みはこちらより

御祭神八千戈大神(やちほこのおおかみ)の例祭。新年を迎えての弓打ち神事として魔払い悪除けで一年の健康と作物の豊饒を祈願するお祭りです。 午後、祭典後、前庭にて地元中学生10名、県弓道連盟会員40名で、小笠原流弓術の作法にて弓を射ます。中学生、総代等も参加し弓矢を放ちます。のちに県弓道連盟会員にて所作法を披露します。所作が美しく、勇壮かつ緊張感のある伝統の祭事です。 http://www5.plala.or.jp/ooyamato/index.htm

2017/01/08(日)

丹波市八日恵美須祭

→詳細・お申込みはこちらより

丹波市町の中央、上街道沿いの市座神社内に所在する恵美須神社で、商売繁盛を祈って八日恵比須祭が毎年、1月7、8日に行われます。  7日が宵恵美須、8日が本恵美須です。  7日は午後1時から午後7時まで市座神社境内で福引が行われ、本通りアーケードまでちんどん屋を伴った宝恵かご巡行が実施されます。  8日は午前10時から祈願祭が執り行われ、市座神社で午後2時まで福引が行われます。ちんどん屋を伴った宝恵かご巡行は午後6時ころまで丹波市町を中心に行われます。  また、境内では甘酒、神酒、わた菓子などのふるまいが丹波市八日恵美須祭奉讃会によって催されています。 天理市観光協会  『丹波市八日恵美須祭』 http://kanko-tenri.jp/dentou_gyouzi/youkaebisu.html

  • [予約受付]天理市産業振興 0743-63-1001
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

2017/01/13(金)

藤井町 鬼打ち

→詳細・お申込みはこちらより

藤井町は天理ダムの南約1.5kmに位置する山里。 藤井町の三十八神社で、町内の男衆が勢揃いし、無病息災や豊作を願って、災いを打ち祓う弓矢と的などを一から手作りして行う神事です。 山から竹や桜の枝などを調達。男衆が手分けして、中心に“鬼”と書いた大きな的を編み、すす竹に紙の羽根をつけた矢、桜の若木を使った弓などを作ります。 拝殿で神事を執り行った後、神職が天地に矢を放つと、続いて皆々で的に矢を射ます。 的に当たれば災いを打ち祓い、豊作といわれます。射終わると鬼の的に矢を挿し込み、豊穣を願う白米の包みがついた松葉を矢にくくって家に持ち帰ります。

  • [予約受付]
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

2017/01/21(土)

古事記朗唱大会&こども古事記かるた大会

→詳細・お申込みはこちらより

奈良県で推進している『古事記』『日本書紀』『万葉集』に代表される歴史素材を活用した「記紀・万葉プロジェクト」 プロジェクトのシンボルイベントとして4回目の開催となる「古事記朗唱大会」と「こども古事記かるた大会」が開催されます。ほかにも「古事記落語」「高千穂神楽」をご覧いただけます。観覧は無料。 =古事記朗唱大会= 招待者や一般参加者が古事記の一節を選んで、天平衣装に身を包み、自由なスタイルで古事記を詠みます。 並河天理市長も昨年に続き、出演予定です。フィナーレでは会場全員で朗唱します。 平成29年1月21日(土) 奈良春日野国際フォーラム 甍~i・ra・ka~能楽ホール  開場:午後1時  開演:午後2時(予定) ※時間は予定です。変更となる場合があります。  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ☆ただ今、参加者募集中!☆  どなたでも参加できます。(グループの場合、20名以内) 1組3分程度。  当日、天平衣装の貸し出し(有料500円)も利用できます   締め切り:平成28年11月18日(金)※申込み多数の場合は抽選 =こども古事記かるた大会= 小学生対象。日本で一番古い書物である『古事記』には、こどもでも十分楽しめる冒険や恋愛などの物語が満載です。『古事記』のふるさと奈良でつくられた「なら記紀・万葉 古事記かるた」は、『古事記』の名場面をリズム感のある文言と親しみやすいイラストで紹介しています。遊びながら豊かな『古事記』の世界に触れることができます。 平成28年1月23日(土) 奈良春日野国際フォーラム 甍~i・ra・ka~ レセプションホール  開場:午後1時  開演:午後2時(予定) ※時間は予定です。変更となる場合があります。  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ☆ただ今、参加者募集中!☆  小学1年生から6年生まで。低・中・高学年のグループに分かれて競います。  各グループ20名程度を五周しています。  参加者には練習用の「古事記かるた」やオリジナルグッズをプレゼント。  当日、天平衣装の無料貸し出し(事前申込み)も利用できます。   締め切り:平成28年11月18日(金 ※申込み多数の場合は抽選 <参加に関する問合せ(共通)>  「第4回古事記のまつり」事務局(三隈・松森まで) 電話03-5226-8537   http://www.sap-co.jp/nara/kojiki/

  • [予約受付]
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

2017/01/25(水)

奈良大立山まつり 1/25~1/29

→詳細・お申込みはこちらより

イベント紹介: 四天王をモチーフにした光り輝く巨大な「大立山」と県内各地の伝統行事が平城宮跡に集結。一年のはじまりに奈良の地で無病息災を願います。 また、期間中に会場で行われる「大立山もてなし市」に「天理スタミナラーメン」が、そして、「あったかもんグランプリ」には「大和中華 長寿」がそれぞれ出店されます。 寒い時期ではありますが、ぜひ、ご家族やご友人と一緒に、どうぞお越しください。 日時:平成29年1月25日(水)~29日(日)    25日、26日 18時~20時    27日~29日 13時~20時    ※25日、26日は「大立山もてなし市」として、あたたかい料理等を提供。 27日~29日は「あったかもんグランプリ」を開催。 場所:平城宮跡大極殿院周辺(奈良市) 料金:入場無料(ただし、有料観覧席あり) アクセス:近鉄大和西大寺駅から徒歩15分 JR奈良駅または近鉄大和西大寺駅から無料シャトルバス運行予定 駐車場:なし 奈良大立山まつりホームページ: http://ootateyama.jp/ 主催:奈良県冬季誘客イベント「大立山まつり」実行委員会        

  • [予約受付]奈良県冬季誘客イベント「大立山まつり」実行委員会事務局 0742-27-8051
  • [定員]
  • [参加費]
  • [リンク]

1 1件~7件(全7件)

ネット予約で気軽に参加できる!天理市観光ウォーキングイベント