大和農事社

シェア

「大和めぐみ米」(商標登録済)は、自然豊かな大台ケ原の山のめぐみ・吉野の水のめぐみ・大和天理の地のめぐみで育ちました。自然への感謝の意をこめて「大和めぐみ米」と名付けました。
品種は奈良県推奨米「ヒノヒカリ」
味・粘り・香り共にバランスが良く、粘り過ぎず濃すぎず、ふんわりとしたお米元来の風味を楽しめるお米です。コシヒカリほど味が濃くないのでどんなおかずにも合いますし、粘りもそれほど強くなく、食べやすいと評判で人気があります。

本業(建設業)の傍ら、2013年から休耕田を借りて農業を始めました。天理でも休耕田が増えたことに憂慮していて、また自然豊かな土地を守りたいという思いも強く、昆虫が大好きだったこともあって「虫が住めるような田んぼにしよう」と減農薬栽培を実践してきました。
丹精込めて作った米は出荷できるまでになり、2015年秋にはネット販売も開始し、美味しいお米をたくさん食べていただきたいと、手頃な価格でご提供するよう努めています。

《耳より情報》
2015年秋、奈良市の広大寺池に特別天然記念物・コウノトリが飛来しました。自然環境を守り、飛来の定着を図ろうと呼びかけた友人に共感して、オーナーの研谷さんは、約9キロ南にある天理市岸田町の75アールの水田に水をためて餌場にする「冬期湛水(たんすい)」を始めたとのこと。実はこの一帯は太平洋戦争末期に大和海軍航空隊大和基地の跡地。地元業者として、農地の改修工事に携わった経験から、戦争の爪痕が残る地に「幸せの鳥」を呼び込もうと、環境に優しい農業を続けておられます。

シェアする

↑最大10件表示になります。レイアウト崩れです。

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード