シャープ総合開発センター(天理工場)

シェア

シェアする

  • よみがな

    しゃーぷそうごうかいはつせんたー

  • 住所

    天理市櫟本町2613-1

  • 営業時間

    9:30~17:00 最終入館16:00
    (所要時間)約1時間 

  • 定休日

    土日祝祭日、会社定休日

  • 駐車場

    あり。無料

  • トイレ

    あり。

  • 料金

    無料。ただし、見学希望の場合は必ず予約が必要。 ※平成30年4月から有料

操業開始1970年。国内が大阪で開催される1970大阪万国博覧会の話題で沸いていた頃、シャープは小型電算機等に必要な半導体の開発投資として「半年で取り壊すパビリオンよりも企業体質の強化を優先」し、社運をかけて天理に総合開発センターを設立。「千里より天理へ」と言われ、現在もシャープの主要事業となっている液晶事業や太陽電池事業を支えています。
建設中は敷地内に26の古墳が発見され、何度も建設レイアウトを変更。古墳の保全について難儀があったそうです。
敷地内の古墳には希少種である笹ユリが自生したり、近くの高瀬川にはホタルも見られる自然豊かな土地で、環境保全、いきものとの共生などの取り組みも行われています。
・・・・・・・・・・
センター内には「シャープミュージアム天理」が併設され、創業からの歩みや電化製品と生活の変遷、液晶技術や太陽光発電、環境技術ほか、ものづくりについてが学べる施設となっています。

「シャープミュージアム天理」
http://www.sharp.co.jp/corporate/showroom/tenri/index.html

お問い合わせ先

TEL:0743-65-0011

シャープミュージアム

備考

※昼食場所はありません

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード