復元氷室

シェア

シェアする

  • よみがな

    ふくげんひむろ

奈良時代の長屋王邸の発掘調査で「都祁氷室」と書かれた木簡が見つかり、夏に都祁から氷を運んだことが文字資料で確認されました。
氷室の作り方も記されていたことから、平城京長屋王屋敷跡の調査で発見された資料に基づいて氷室の復元され、毎年7月の第3日曜日に「福住氷まつり」が行われます。2月11日に3トンの氷を氷室にいれ、7月の「福住氷まつり」の日に氷の取り出し式をして、大八車に乗せ、福住小学校まで運びます。氷の残量あてクイズや模擬店などのお楽しみもあり、大和高原の夏の1日、県内外から多くの観光客が訪れます。

シェアする

天理市を検索

カテゴリー

エリア

キーワード